来院希望のクリニックをお選びください。
TEL・アクセス・診療時間などの情報が確認いただけます。

総合TOPページヘ戻る

お問合わせを閉じる

 > 
 > 
プロペシア

プロペシア

プロペシア

取扱いクリニック

クリックで各クリニックに移動します

薄毛に悩む男性に!AGA治療薬「プロペシア」

AGA治療薬「プロペシア」

プロペシアは、世界60ヶ国以上で承認されている、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。
AGA(男性型脱毛症)とは「Androgenetic Alopecia」の略で、成人男性によく見られる、髪の毛が薄くなる状態を指します。具体的には、額の生え際が後退したり、前頭部や頭頂部の薄毛の脱毛が進行したりして、薄毛が目立つようになります。
AGAは遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因とされ、放っておくと、抜け毛・薄毛は徐々に進行していきます。ですが、適切な治療やケアによってAGAを予防・改善することは可能です。プロペシアは、そんなAGAの予防・改善に効果が期待できる治療薬であり、全国の病院で処方され、多くの実績をあげています

薄毛に悩む男性に!AGA治療薬「プロペシア」

日本では、20~69歳の男性の約3人に1人がAGAであるといわれています。抜け毛・薄毛の程度や脱毛の進行パターンは人によって異なりますが、育毛剤を使ったり、シャンプーやスカルプケアを丁寧に行ったりして、予防・改善に努めている人も多いことでしょう。そういったセルフケアももちろん大切ですが、プロペシアがセルフケアと異なるのは、プロペシアが、AGAの原因に対する有効成分を含んだ「治療薬」であること。厚生労働省の承認も得ているため、安全性の点でも効果の点でも信頼でき、安心して服用できる薬なのです。

プロペシアの歴史

プロペシアを開発したのは、アメリカのメルク社という製薬会社です。1891年に創立され、現在は世界140ヶ国以上で事業を展開するグローバル企業として、医療用医薬品やワクチンなどの研究開発・製造・販売を行っています。
プロペシアが生まれた経緯には、興味深いエピソードがあります。
プロペシアの有効成分は「フィナステリド」というのですが、それはもともと、前立腺肥大症治療のために開発された成分だったのです。メルク社は1991年にフィナステリドの開発を始め、翌1992年には「プロスカー」という商品名で、前立腺肥大症治療薬として認可されました。ところがその後、前立腺疾患の治療のためにプロスカーを服用していた人に、「抜け毛が減った」「髪が増えてきた」という副作用が現れ始めたのです。そのような臨床データや研究から、フィナステリドには毛髪を成長させる効果があることがわかり、1997年12月に、アメリカ国内でAGA治療薬としても認可されました。

日本では、米メルク社の日本法人である万有製薬(現在のMSD株式会社)が、2001年に臨床試験を始めました。2003年に厚生労働省へ承認申請し、2005年10月11日に製造販売承認を取得。同年12月14日から、「プロペシア」という商品名で発売されるようになりました。
日本でMSD社から販売されている正規品のプロペシアは、「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類です。薄い赤色の、フィルムコーティングされた錠剤です。用量を守って1日1回内服します。
プロペシアを手に入れるには、病院で医師に処方してもらうか、個人輸入するという方法があります。1日1回内服するだけでAGA対策ができるという手軽さは大きな魅力ですが、副作用や使用上の注意点もあるため、医師の指導のもとで服用するのが理想的です。なお、薄毛・抜け毛が本当にAGAによるものでなければ、プロペシアを服用しても改善効果は期待できません。適切な治療を行うためにも、やはり医師の診察を受けることをおすすめします。ただし、プロペシアは健康保険の対象とはならないため、医療費は全額自己負担となることにご注意ください。

ちなみに、病院で処方されるAGAの治療薬がプロペシアのみかというと、そうではありません。2015年9月28日、イギリス製の「ザガーロ」という内服カプセルが、AGA治療薬として認可されました。ほかにも、頭皮に直接塗って使うミノキシジルやアロビックスも、薄毛改善に効果が期待できます。また、これらの外用薬は、プロペシアと併用して治療することも可能です。
このように、AGAの治療にはさまざまな薬があり、それぞれ効果や使い方が異なります。自分に合った治療法を選ぶためにも、まずはここで、プロペシアについての理解を深めてみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

プロペシアの有効成分「フィナステリド」

プロペシアの有効成分「フィナステリド」

プロペシアの主成分は、「フィナステリド(Finasteride)」という成分です。アメリカテキサス州からメキシコに自生する「ノコギリヤシ」という植物の薬効成分を研究することによって開発された、化学合成成分です。フィナステリドは、「5α還元酵素Ⅱ型阻害薬」に分類される薬の有効成分となり、AGA治療薬や前立腺肥大の治療薬に用いられています。

5α還元酵素Ⅱ型とは、体内でテストステロンに作用し、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換する酵素です。ジヒドロテストステロンは、男性胎児の性器を形成する上で重要な働きを持ちますが、思春期以降には、前立腺肥大、体毛増加、ニキビといった症状を引き起こし、男性の悩みのタネとなります。AGAもその一つで、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することによって、成長期にある毛髪が退行期あるいは休止期に移行する信号が出され、毛髪が抜けやすくなってしまうのです。
フィナステリドは、5α還元酵素Ⅱ型を阻害することで、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制します。そのため、毛髪の成長サイクルが正常になり、AGAの改善に効果が期待できるのです。

フィナステリドには筋肉増強剤の使用を隠蔽する作用があるため、かつてWADA(世界アンチ・ドーピング機関)の禁止薬剤に指定されていたという過去があります。ですが、その後ドーピング検査技術が向上し、フィナステリドを服用していても筋肉増強剤などを検出できるようになったため、2009年1月1日をもって、禁止薬剤リストから除外されました。

目次へ戻る

プロペシアの正しい飲み方

プロペシアの正しい飲み方

プロペシアは、1日1回内服する薬です。通常の用量は主成分0.2mgなので、「プロペシア錠0.2mg」を1日1錠服用するのが基本となります。なお、年齢や症状によって用量が調節されることはありますが、1日1.0mgが上限となっています。

基本の飲み方

飲み方についてですが、プロペシアはほとんど水に溶けない性質なので、水と一緒に飲んでも問題ありません。食事やアルコールの影響も受けにくいので、タイミングを問わず服用することができます
飲み方について、理想的な時間は特に規定されていないので、飲みやすい時間でかまいません。飲み忘れを防ぐには、「朝起きたらすぐ飲む」「寝る前に飲む」など、毎日決まった時間帯に服用すると良いでしょう。
なお、たとえ飲み忘れに気づいても、「前日の分も合わせて飲む」という飲み方や「今日だけ2回飲む」という飲み方をしてはいけません。必ず、1日1回分を守ってください。
箱入りタイプのプロペシアは、14錠ずつPTPシートに入っています。服用する際は、必ずPTPシートから取り出して飲みましょう。誤ってPTPシートごと飲み込んでしまうと、シートの角が食道粘膜を傷つけ、合併症を引き起こす恐れがあります。
飲み方の注意点としては、プロペシア錠は割ったり噛んだりせず、1錠丸ごと服用してください。錠剤が割れると、子どもや女性など、プロペシアを服用すると悪影響を受ける恐れがある人が、成分を吸い込むなどして体内に入る危険性が高まります。ですから、できるだけ周りに人がいない環境で服用するのが理想的です。
飲み方だけでなく、保管にも注意が必要です。プロペシアは子どもの手の届かないところに保管しましょう。また、ほかの容器に入れ替えると、家族がほかの薬などと間違えて服用する原因となるため、処方されたときの箱や袋に入れたまま保管することをおすすめします。

まずは6ヶ月!

プロペシアの効果を得るために重要な飲み方のポイントは、「6ヶ月以上継続して服用すること」です。人によっては服用開始から3ヶ月ほどで抜け毛の減少などの効果が現れてくることもありますが、よりはっきりした効果が実感できたり、効き目が出ているか判断できたりするようになるまでには、6ヶ月ほどかかります。ですから、最低6ヶ月は、正しい飲み方を守って継続することが大切です。
なお、薄毛の改善が見られた場合でも、服用をやめると再び薄毛が進行してしまう可能性があるので、自己判断で服用をストップすることは避けましょう。その後の薬の飲み方や治療の継続については、担当の医師にご相談ください。

目次へ戻る

データでわかる!プロペシアの効用

データでわかる!プロペシアの効用

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を阻害することによって、薄毛・抜け毛の改善に効果を発揮します。ここでは、プロペシアの効果に関するデータや、効果の現れ方と治療期間についてご説明します。

プロペシアの有効性

国内でプロペシアを正規販売しているMSD社が行った、プロペシアの有効性に関する試験のデータをご紹介します。
試験では、国内の20歳~50歳のAGAの男性が、プロペシア1mgを1日1回1錠、3年間服用しました。頭頂部と前頭部それぞれの薄毛の状態が観察され、次のような効果が報告されています。

【頭頂部】

  • 1年目:58%の人が改善。40%の人が進行なし。
  • 2年目:61%の人が改善。38%の人が進行なし。
  • 3年目:72%の人が改善。25%の人が進行なし。

【前頭部】

  • 1年目:58%の人が改善。40%の人が進行なし。
  • 2年目:68%の人が改善。31%の人が進行なし。
  • 3年目:78%の方が改善。20%の人が進行なし。

このように、頭頂部、前頭部ともに、1年目で98%の人の薄毛が進行しませんでした。しかも、58%の人は、薄毛の改善が見られています
さらに、2年目、3年目と服用を継続することによって、薄毛の改善が見られた人の割合は増加していきました。
このデータから、プロペシアの効果について、次のことがわかります。

  • プロペシアは、98%の人の薄毛に有効性を示した
  • プロペシアは、継続することでより高い薄毛改善効果が期待できる

効果の現れ方

プロペシアの飲み方のポイントは、6ヶ月以上継続して服用することです。これは、有効成分がAGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えて抜け毛の進行を防ぎ、ヘアサイクルが整うまでに、数ヶ月以上の時間がかかるから。
では、プロペシアを正しい飲み方で継続すれば、どのように効き目が現れてくるのかを、期間を追ってご説明します。

【服用開始~3ヶ月】

  • 抜け毛が減少する
  • 生え際にうぶ毛が目立ってくる

個人差はありますが、この段階では、まだ大きな効果を実感できない場合もあります。

【~6ヶ月】

  • うぶ毛が太くなり、伸びてくる
  • 薄毛が目立たなくなり始める

治療の効果を実感し、満足度が高くなってきます。
この頃になると、身近な人から、「髪が増えた?」と言われることもあるかもしれません。

【~1年】

  • 抜け毛が明らかに減ったと感じる
  • 後退していた生え際が前進してくる
  • 毛髪にボリュームが出てくる

よりはっきりした治療効果が実感できるようになります。理髪店や美容院に行くと、担当の人から「髪、増ましたか?」と言われるかもしれません。

先にご紹介したデータからもわかるように、1年後以降もプロペシアの服用を継続することで、さらに高い改善効果が期待できます。
なお、プロペシアの服用を中止すると、再び毛髪が抜け始め、薄毛が進行する可能性があります。ですから、自己判断で飲むのをやめたり飲み方を変えたりせず、必ず医師に相談しましょう。

目次へ戻る

EDになるってホント?プロペシアの副作用

EDになるってホント?プロペシアの副作用

プロペシアはAGA治療において高い効果が期待できますが、副作用のリスクも伴います。国内で行われた臨床試験では、プロペシアを1年間服用した場合の副作用発現率は、約4.0%(11/276例)です。プロペシアを安全に服用するためには、副作用についての理解を深め、正しい飲み方を守ることが大切です。

【性機能障害】
プロペシアの主な副作用として、「性機能障害」があげられます。1年間の臨床試験では、リビドー減退(性欲減退)が1.1%(3/276例)、勃起機能不全(ED)が0.7%(2/276例)の割合で報告されました。また、射精障害、精液量減少が起こる場合もあります。
性機能障害の副作用は、プロペシアの有効成分である「フィナステリド」によるものです。フィナステリドは、5α還元酵素Ⅱ型の働きを阻害して、AGAの原因物質である「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制することによって、AGAの改善効果をもたらします。ですが、5α還元酵素Ⅱ型は頭部だけでなく、精嚢や前立腺、陰茎部の皮膚にも存在し、性機能に関する働きをしています。
プロペシアを服用すると、5α還元酵素Ⅱ型の阻害作用が本来の目的である頭部だけでなく、陰部などにも作用する場合があります。すると、副作用として性機能障害が引き起こされてしまうのです。
とはいえ、プロペシアを服用して性機能障害の副作用が起こる人は、100人に1人いるかいないかだといわれています。そのため、過度に心配する必要はないでしょう。
また、プロペシアには併用禁忌薬がないため、たとえ副作用で勃起機能不全が起こった場合でも、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」といったED治療薬で対策することができます。(これらの飲み方については、安全のため、AGA治療の専門医にご相談ください)

【肝機能障害】
まれにですが、プロペシアの副作用として、肝機能障害が現れることがあります。プロペシアは肝臓で代謝されるため、飲み方や体質によって、肝臓に負担がかかってしまうことが原因だと考えられます。
自覚症状としては、食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜が黄色っぽくなる、など。これらの症状が現れたときは、すぐにプロペシアの服用を中止し、医師の診察を受けてください。
なお、普段から肝機能に心配がある人は、プロペシアの服用を開始する前にも、医師に相談することをおすすめします。

【その他の副作用】
プロペシアの服用中、発生頻度は不明ですが、次のような副作用が起こることもあります。

  • 生殖器:睾丸痛、男性不妊症、精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常など)
  • 過敏症:掻痒症(皮膚のかゆみ)、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(唇や舌、喉、顔面のむくみを含む)
  • その他:乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

プロペシアの副作用はいずれも発生頻度が低いものですが、服用中に普段と異なる症状を感じた場合は、すぐに服用を中止し、医師に相談することが大切です。

目次へ戻る

読んで安心。プロペシアの安全性

読んで安心。プロペシアの安全性

プロペシアは厚生労働省に認可された医薬品なので、正しい飲み方を守って使用する限り、安全性の高い薬です。
上記でご紹介したように、性機能障害などの副作用が起こることはありますが、発生率はごくわずかです。とはいえ、「勃起障害や男性不妊症になったらどうしよう」といった不安を感じている人もいるかもしれません。そこで、以下では、プロペシアの副作用や飲み方の安全性について、より詳しくご説明します。

性機能障害はプロペシアのせいじゃない?

臨床試験では、1mgもしくは0.2mgのプロペシアを服用した人のなかに、勃起不全などの性機能に関する副作用が確かに報告されました。ここで問題になるのは、現れた症状が本当にプロペシアの服用によるものだったかどうか、です。それを確かめるために、臨床試験では、一部の人にはプロペシアの代わりに有効成分を含まない薬(プラセボ)を飲んでもらって、結果を比較します。
その結果、服用1年目の性機能に関する副作用発現率は、本物のプロペシアを飲んだ人とプラセボを飲んだ人の間で差がありませでした。つまり、性機能に関する症状がプロペシアの作用によるものだったとは言い切れないのです。

性機能障害の症状が出たらどうなる?

プロペシアを服用して起こりうる副作用のうち、男性不妊症や精液の質低下は、服用を中止すると改善されたという報告があります。これは、プロペシアの5α還元酵素Ⅱ阻害作用によって抑制された性機能が、服用をやめることによって戻ったから。
一方、EDや射精障害、リビドー減退といった症状は、プロペシアの服用を中止しても症状が改善されなかったという報告があります。これは、臨床試験でプラセボ(偽薬)を飲んだ人にも副作用が現れたのと同様、性機能障害の原因がプロペシアの作用のみではなかったからだと考えられます。たとえば、ストレスや喫煙などの生活習慣によっても、EDや性欲減退が起こることがあるのです。

このように、プロペシアの副作用として知られる性機能障害は、プロペシアの服用のみが原因である場合、服用をやめればおさまります。そうでない場合は、生活習慣なども原因になっている可能性があるので、EDなどの専門の医師に相談すると良いでしょう。

目次へ戻る

これだけは守ろう!プロペシアの注意点

EDになるってホント?プロペシアの副作用

プロペシアは、正しい飲み方をしていれば安全に使用することができ、AGAの改善効果が期待できる薬です。ただし、いくつか注意点があります。

成人男性以外は厳禁

まず重要なことは、プロペシアを服用していいのは「成人男性のみ」であることです。
それ以外の人は、プロペシアの処方を受けることはできませんし、個人輸入して服用するのもNGです。
次のいずれかに該当される人は、プロペシアを飲むと健康に重大な悪影響を及ぼす可能性があるので、絶対に自己判断で飲んではいけません。

  • 以前に薬を服用してアレルギー症状が出たことがある人

プロペシアに限らず、過去に何らかの薬を服用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある人は、プロペシアを使う前に必ず医師か薬剤師にご相談ください。

  • 妊娠中、あるいは妊娠している可能性のある女性。授乳中の女性

女性がプロペシアを服用しても、薄毛改善効果は得られません。
また、妊娠中の女性が服用し、男性胎児にプロペシアの有効成分(男性ホルモンを抑制する成分)が作用すると、生殖器官などの正常発育に悪影響を及ぼすおそれがあります。同様の理由で、授乳中の女性が服用するのも危険です。

  • 未成年

AGA(男性型脱毛症)は思春期以降に現れる症状であり、その治療薬であるプロペシアは、子どもの服用を前提にされていません。子どもへの安全性や有効性は確認されていないので、未成年が服用するのは避けましょう。

  • 肝臓病や肝機能障害がある人

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、肝臓で代謝されるため、普段より肝臓に負担がかかります。服用中に肝機能異常の副作用が現れたという報告もあるため、肝臓病や肝機能障害がある人は、服用前に医師にご相談ください。

ほかの育毛剤との併用について

頭皮に直接つけるタイプの育毛剤や発毛剤と、プロペシアを一緒に使った場合について、何らかの問題が起こったという報告はありません。プロペシアと育毛剤を同時に使うことによって、より高い薄毛改善効果が得られることもあります。最適な飲み方、使い方を知るためには、AGA専門の病院で相談することをおすすめします。

風邪薬などとの併用について

プロペシアとほかの薬の飲み合わせによって、問題が起こったという報告はありません。ですが、互いの作用を強め合ったり弱め合ったりする可能性はゼロではないので、プロペシアの服用中にほかの薬も使いたい場合は、医師にご相談ください。

6ヶ月間服用して効果が現れないとき

プロペシアの服用を開始してから効果が実感できるまで、3~6ヶ月ほどかかります。それまでは、飲み方を守って、毎日欠かさず服用することが大切です。ただし、6ヶ月間継続しても全く効果が実感できない場合は、薄毛がAGAによるものではなかったり、飲み方が誤っていたりする可能性があるので、医師にご相談ください。

目次へ戻る

安全・簡単・スピーディー!プロペシアの処方

EDになるってホント?プロペシアの副作用

プロペシアは厚生労働省に認可されている医薬品であり、原則として、医療機関以外での販売は禁止されています。インターネット上では、個人輸入代行業者を通して仕入れたプロペシアが販売されていますが、ネット通販で購入するのは安全とはいえません。それは、次のような問題があるからです。

  • 輸入元の国によっては品質基準が低く、有効性や安全性が不十分である
  • 偽造品や劣悪品が出回っていて、騙される恐れがある
  • 飲み方や注意点についての説明書が同封されていないことがある

このように、ネット上で購入したプロペシアを服用すると、効果が出ないだけならまだしも、健康に重大な悪影響を及ぼすおそれがあります。
安全にAGAを治療するためには、医療機関を受診して、適切な治療薬を処方してもらうことが大切です。

病院での処方の流れ

プロペシアの処方は、AGAの治療を専門に行っているクリニックでの処方がスムーズです。

  • 1.受付(プロペシア処方は保険の適用外なので、保険証は不要です)
  • 2.問診表の記入
  • 3.医師による問診・診察
  • 4.受付で薬を受け取る

以上の流れが、最短10分で終了します。
通常、プロペシアは28錠(約1ヶ月分)から処方され、一度来院すれば、多くても月1回の通院ペースですみます。土日や祝日に開院しているクリニックもあるので、忙しい人でも充分AGAの治療は可能です。

目次へ戻る

プロペシアをもっと知る

一覧へ

プロペシアの使用方法

一覧へ

プロペシアの特徴