来院希望のクリニックをお選びください。
TEL・アクセス・診療時間などの情報が確認いただけます。

総合TOPページヘ戻る

お問合わせを閉じる

 > 
 > 
ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジル

取扱いクリニック

クリックで各クリニックに移動します

ミノキシジルについて

ミノキシジルは、プロペシアとともにAGAの治療に効果的とされており、外用薬と内服薬の2種類に分かれています。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジルは元来、アメリカにおいて血管拡張作用のある高血圧治療剤として開発されましたが、その作用の中に発毛効果がみられ、最初は発毛用の外用薬として用いられるようになりました。
ミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけ、生体内でエネルギー伝達やシグナルの運搬に関わるアデノシンという成分を分泌させます。アデノシンにはVEGFやKGFといった毛髪の生成をサポートする細胞増殖因子の産生を促す働きがあります。ミノキシジルによって発毛が促進されるのは、このためです。

ミノキシジルの用法・用量

外用薬の場合、20歳以上の成人であれば1日2回、1回あたり1ml(0.01g)を脱毛部分の頭皮に塗布してください。
内服薬の場合は、人により異なりますが、1日1回、2.0mg〜5.0mgというのが一般的です。
また服用期間については、発毛効果を実感するためには、少なくとも6ヶ月間は使用を継続することが大切です。なお、発毛効果があらわれた後も使用を継続すれば、AGAの進行予防に効果的です。

ミノキシジルの外用薬について

ミノキシジルの外用薬について

ミノキシジルは、その歴史から外用薬、それもリアップ等の薬局で手に入るものがポピュラーですが、当院ではミノキシジル6%の医療医薬品を処方しており、一般用の医薬品としてお買い求めいただくより、お求めやすくなっております。

ミノキシジルの内服薬について

ミノキシジルの内服薬について

前述した通り、ミノキシジルは一般的に外用薬というイメージが特に強いですが、当院ではミノキシジルの内服薬も取り扱っております。ミノキシジルの内服薬には有効成分が錠剤内に含まれており、消化器官を通して吸収されるため、頭皮から吸収される外用薬よりも高い発毛効果が期待できます。
外用薬と内服薬の併用することも可能で、併用すれば外部・内部の両方から発毛を促すことができ、より効果的なAGA治療につながります。

プロペシアやザガーロとの併用について

プロペシアやザガーロとの併用について

ミノキシジルは、毛髪の生成をサポートする細胞増殖因子の産生をサポートして発毛を促進します。そのため、発毛促進には効果的ですが、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンには働きかけません。
そこで、おすすめなのが、プロペシアやザガーロといった5α還元酵素阻害薬との併用です。プロペシアやザガーロは、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成に関与する5α還元酵素を阻害し、AGAの進行を食い止めます。
つまり、ミノキシジルとプロペシアやザガーロを併用すれば、AGAの進行を防ぎながら発毛を促すことができるため、より効果的に脱毛症状を改善することが可能です。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジル6%外用薬は塗布タイプの脱毛治療薬のため、副作用の発現率は極めて低い薬です。
副作用としては主に塗布部位の痒み・かぶれ・湿疹があげられます。
しかし、大量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性があります。また、日焼けした頭皮に使用する使用する場合、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こる可能性があると言われています。
また、内服薬についても同様で低血圧や心臓への負担からくる動悸の発生、全身の体毛が濃くなるといった症状があります。
気になる症状が出た際には必ずご相談ください。

ミノキシジルの使用上の注意

外用薬については、洗髪後など頭皮が清潔な時に使用してください。患部に適量を塗布します。頭皮に湿疹やかぶれ等がある場合は、使用しないでください。
また、副作用が出た場合はすぐに使用をやめ、医師にご相談ください。

ミノキシジルの内服薬を処方出来ない方

以下に該当される方は、ミノキシジルを処方することができない場合があります。

  • ミノキシジルの成分に対して、過敏症状が出たことのある方
  • 20歳未満の方
    (この年齢の方を対象とした臨床試験を行っておらず安全性や有効性が確認されていないため)
  • AGA以外の脱毛症の方、あるいは原因のわからない脱毛症の方
  • 急激な脱毛、斑状に抜け毛がみられる方
  • 心臓や腎臓に障害のある方
  • 甲状腺機能障害の方

ミノキシジルの偽造薬に注意

厚生労働省などの報告によって、インターネットの個人輸入サイトで偽造薬のミノキシジルが販売されていることがわかりました。偽造薬のミノキシジルの中には、有効成分の含まれていないものであれば、人体に有害な成分を含んだものも存在します。安全性を考えても、ミノキシジルは正規の医療機関で処方してもらうことをおすすめします。